元ロッテの喜多隆志氏、智弁和歌山を退任し興国(大阪)の野球部長に就任していた

この記事をシェアする

智弁和歌山(和歌山)で野球部長を務めていた喜多隆志氏が、本年(2017年)3月に退任。4月より、大阪・興国高校で部長を務めていることがわかりました。

 中田翔(日本ハム)に似ているのは名前だけじゃない。興国の中野翔哉内野手(3年)が強烈な輝きを放った。5回戦の上宮太子戦に4番・三塁で先発。見せ場は1点を追う4回だ。真ん中高め直球を仕留めた打球は左翼フェンス直撃の三塁打。「中田超え」の大阪大会5試合連発にあと数十センチだけ届かなかった。

喜多隆志氏は智弁和歌山OB。2015年に高嶋仁・智弁和歌山監督が退任とのニュースが出た際は「次期監督」と報道されていました。

 体調不良が理由で今年3月、医師からノックをするのを止められたという。9月末に和歌山市である「紀の国わかやま国体」までは指揮をとり、後任は1997年夏優勝時の同校OBで元ロッテの喜多隆志副部長(35)に託したいという。

(出典:朝日新聞

智弁和歌山には元阪神・中谷仁が専任コーチに就任

2017年4月より、智弁和歌山OBで元阪神タイガースの中谷仁氏が智弁和歌山野球部専任コーチを務めています。

1997年の阪神ドラフト1位で楽天、巨人でもプレーした中谷仁氏(37)が4月1日から母校の智弁和歌山硬式野球部の専任コーチを務めることが17日、分かった。中谷… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

中谷仁氏は喜多隆志氏と同級生。1997年に夏の選手権で全国優勝したときのメンバーです。同級生コンビで高嶋仁監督を支えることになるものと思っていましたので、今回のニュースには驚きを隠せません。

興国高校とは

喜多隆志氏が部長に就任した興国高校は大阪市天王寺区にある私立高校。1968年には夏の選手権初出場初優勝を果たしています。最後の甲子園出場が1975年夏と、40年以上甲子園から遠ざかっています。

元プロ野球選手の湯舟敏郎(元阪神)、プロボクサーの井岡一翔、プロレスラーのスペル・デルフィンらスポーツ選手やお笑い芸人のザ・ぼんち、落語家の笑福亭笑瓶など多彩な卒業生を輩出しています。

喜多隆志氏略歴

1996年 智弁和歌山で春のセンバツ準優勝

1997年 智弁和歌山で夏の選手権優勝

1998年 慶應義塾大学入学

2001年 慶應義塾大学4年時の秋季リーグ戦でシーズン最高打率.535を記録

2002年 千葉ロッテマリーンズに入団(ドラフト1位)

2002年5月1日 一軍初安打(サヨナラ安打)

2002年5月3日 2試合連続サヨナラ安打を放つ

2006年 現役を引退

2009年3月 朝日大学(岐阜)助教となる。朝日大学硬式野球部コーチに就任

2011年4月 智弁和歌山に教師として赴任。智弁和歌山野球部副部長に就任

2011年5月 学生野球資格回復

2017年3月 智弁和歌山を退任

2017年4月 興国高校(大阪)野球部部長に就任

喜多隆志氏 現役時代の応援曲

千葉ロッテ時代の喜多隆志氏の応援曲です。

(アイキャッチ出典:jiji.com