早実のため?清宮のため?春季東京大会の決勝戦が神宮球場でナイター開催に

この記事をシェアする

東京都高校野球連盟は16日、春季東京大会の決勝戦を27日の午後6時から神宮球場で実施すると発表しました。

当初の予定では、決勝戦は23日の午前11時から神宮第二球場で行われる予定でしたが、センバツ出場の早稲田実、日大三と名門の帝京、国士舘がベスト4に残ったことにより注目度が高まりました。今回の日程、球場の変更に至ったようです。

収容人数5632人の神宮第二球場ではお客さんが入りきれない可能性もあるということで収容人数31828人の神宮球場に変更になりました。

今回の決定に対し、Twitter上ではさまざまな意見が出ています。

Twitter上の声

・いい決断。決勝戦が神宮第2だったらどうなっちゃうんだろうと心配してた。

・長時間試合になったらどうするんだ…。

・清宮君がすごいのは分かるけど、これはちょっと持ち上げ過ぎでは?

・こんなことするから、アンチも出てくる。

・盛り上がりそう!

今回の日程、球場の変更に関する所感

「早実が決勝に残ると決まってもないのに」という意見もありましたが、22日に行われる準決勝の結果次第で球場を変更するというのは現実的ではありませんので、このタイミングでの球場変更の決定はやむなしといえるでしょう。別に国士館が負ける前提でもないと思います。

「東京からセンバツに2校残ってるんだから春季大会が盛り上がるのは決まり切ってるだろ!」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、例年、春季東京大会では神宮球場を使用していませんので、最初から神宮球場を確保しておくというのもも無理があります。

「神宮じゃなくて八王子(市民球場)でも良いのでは?」という意見につきましては、確かにその通りなのですが、決してアクセスが良いとは言えない(西八王子駅から徒歩15分)ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)でやるよりも、都内の中心部にある神宮球場でやるほうが、より多くのお客さんに見てもらうことができます。

ナイター開催につきましても、現在は大学野球(東京六大学、東都大学野球)の春季リーグ戦が行われている関係で、神宮球場での昼間開催は困難です。

ご存知の方も多いかと思いますが、神宮球場(明治神宮野球場)はその建設の経緯から、東京六大学野球連盟に優先使用権があります。

東京六大学のリーグ戦は通常、土曜日曜で行われ、決着がつかない場合は月曜以降も引き続き東京六大学のリーグ戦が行われます。東都大学野球のリーグ戦は月曜火曜で行われるのですが、東京六大学のリーグ戦が月曜以降も行われる場合は試合日程が延び、東京六大学の試合の決着がついた翌日から試合を行います。(但し、木曜と金曜は東都大学野球の試合が優先的に行われます)

今回、春季東京大会の決勝戦が木曜日となったのは、月曜から水曜だと昼間に神宮球場を使用するのが東京六大学になるか東都大学野球になるか分からないから、といった事情もあるのでしょう。(前述のとおり、木曜日は原則として東都大学野球が神宮球場を使用しますので、交渉もしやすいのだろうと推測します)

昨秋行われた秋季東京大会決勝の早実と日大三の試合で2万人ほど観客が入ったことを踏まえますと、今回の日程、球場の変更も自然なことであると考えます。

ただ、日刊スポーツの一面はいただけませんね。

まるで清宮選手のためにだけナイター開催に変更したかのような見出しは、見ていてあまり気分の良いものではありません。アンチ早実、アンチ清宮を生むだけです。

最後にもう一つ。

昨年の秋季大会決勝では、観客の誘導の方法が悪かったのか、入場待ちの列が神宮の銀杏並木のところまで続いていました。試合が始まっても、空席がたくさんあるのに観客が入り切れていない状態が続いていましたので、今回は同様のことの無いようお願いしたいですね。

春季東京大会日程

4月22日(土)10時~ 早実vs.国士舘(神宮第二球場)
4月22日(土)10時~ 帝京vs.日大三(神宮第二球場)

4月27日(木)18時~ (早実vs.国士舘)の勝者vs.(帝京vs.日大三の勝者)

※アイキャッチ出典:Number Web