【2017センバツ】決勝戦 履正社(大阪)-大阪桐蔭(大阪)展望・予想

この記事をシェアする

第89回選抜高校野球大会決勝戦
履正社(大阪)-大阪桐蔭(大阪)の見どころをまとめたいと思います。

履正社(大阪)-大阪桐蔭(大阪)の見どころ

ここまでの結果

履正社

履正社12-5日大三
履正社1-0市呉
履正社8-1盛岡大附
履正社6-4報徳学園

132打数38安打 .288

防御率:2.25(36回 自責点9)

大阪桐蔭

大阪桐蔭11-0宇部鴻城
大阪桐蔭11-8静岡
大阪桐蔭4-2東海大福岡
大阪桐蔭2-1秀岳館

137打数41安打 .299

防御率:2.25(36回 自責点9)

所感

決勝は大阪対決となりました。センバツ決勝での過去の同府県対決は以下の通りです。

第15回(1938年) 中京商-東邦商(愛知)
第18回(1941年) 東邦商-一宮中(愛知)
第20回(1948年)京都一商-京都二商(京都)
第44回(1972年) 日大櫻丘-日大三(東京)

接戦あり、大差ありで勝ち進んできた両校。準決勝ではともに痺れる展開の試合を制して決勝進出を決めました。

両校は昨秋の大阪大会準決勝で対戦し、そのときは履正社が7-4で大阪桐蔭を破っています。また、近畿大会準決勝で大阪桐蔭を5-3で破った神戸国際大附を、決勝で履正社が8-2で退けたことを考えると、履正社がやや有利ともいえなくもありません。

ただ、ここまできたら過去の対戦や戦力の比較は何の意味もないと思っています。履正社の勝利を予想しますが、もちろん大阪桐蔭が勝ってもおかしくありません。

両校の力と力のぶつかり合いを期待。