【2017センバツ】11日目第1試合 履正社(大阪)-報徳学園(兵庫)展望・予想

この記事をシェアする

第89回選抜高校野球大会(春のセンバツ)11日目第1試合(準決勝)
履正社(大阪)-報徳学園(兵庫)の見どころをまとめたいと思います。

履正社(大阪)-報徳学園(兵庫)の見どころ

ここまでの結果

履正社

履正社12-5日大三
履正社1-0市呉
履正社8-1盛岡大附

98打数30安打 .306

防御率:2.00(27回 自責点6)

報徳学園

報徳学園21-0多治見
報徳学園4-0前橋育英
報徳学園8-3福岡大大濠

110打数40安打 .364

防御率:0.67(27回 自責点2)

所感

昨秋の近畿大会優勝校の履正社とベスト8の報徳学園との一戦。

投打とも履正社が一枚上に見えるのですが、報徳学園の戦いぶりが地方大会ベスト8のそれではないので、戦いながらチーム力がアップしているのでしょう。

決勝まで進むと3連戦となりますので、投手起用が勝負を左右しそうです。報徳学園はおそらく継投となるでしょうが、履正社はどう出るでしょうか。

勝敗予想としては、履正社の勝ちを予想します。ただ、履正社の先発がエースの竹田祐でない場合は、ガラッと試合展開が変わりそうです。