【2017センバツ】9日目第1試合 履正社(大阪)-盛岡大附(岩手)展望・予想

この記事をシェアする

第89回選抜高校野球大会(春のセンバツ)9日目第1試合
履正社(大阪)-盛岡大附(岩手)の見どころをまとめたいと思います。

履正社(大阪)-盛岡大附(岩手)の見どころ

ここまでの結果

履正社

履正社12-5日大三
履正社1-0市呉

63打数17安打 .270

防御率:2.50(18回 自責点5)

盛岡大附

盛岡大附10-9高岡商
盛岡大附5-1智弁学園

63打数24安打 .381

防御率:4.26(19回 自責点9)

所感

1回戦で、優勝候補ともいわれた日大三との打ち合いを終盤に突き放した履正社、一転して2回戦では市立呉を相手にスミ1での勝利と、異なる試合展開を制してきました。

昨秋の近畿大会、神宮大会を制したチームですから力があることは間違いないです。エースの竹田祐も噂にたがわぬ好投手で、打線にも力があり、チーム力は相当高いはず。現時点でこの履正社を負かせるチームがいるのか、と思わされます。

対する盛岡大附。1回戦では高岡商に打ち勝ち、2回戦では昨春の覇者・智弁学園に快勝。こちらも力があります。盛岡大附らしく、打力の高いチームといえるでしょう。

ただ、今回のチームを比較し、試合展開を予想すると、履正社が勝つイメージしか湧かないというのが正直なところです。

盛岡大附が勝つときは、10-9や8-7といった乱打戦になりそうです。終盤までリードを保てれば、盛岡大附にも勝機が見えてきます。

予想としては履正社の勝利ですが、盛岡大附の戦いぶりにも注目したいと思います。