【2017センバツ】8日目第3試合 静岡(静岡)-大阪桐蔭(大阪)展望・予想

この記事をシェアする

第89回選抜高校野球大会(春のセンバツ)8日目第3試合
静岡(静岡)-大阪桐蔭(大阪)の見どころをまとめたいと思います。

静岡(静岡)-大阪桐蔭(大阪)の見どころ

秋季大会の成績比較

防御率(公式戦のみ)

静岡:1.75

大阪桐蔭:2.54

チーム打率(公式戦のみ)

静岡:.325

大阪桐蔭:.365

1回戦の結果

静岡

静岡12-3不来方

38打数16安打 .421

防御率:3.00(9回 自責点3)

大阪桐蔭

大阪桐蔭11-0宇部鴻城

36打数9安打 .250

防御率:0.00(9回 自責点0)

1回戦所感

部員10人の不来方を相手に完勝した静岡。エース・池谷蒼大は7回を投げ被安打6、奪三振9、自責点1と上々のピッチングでした。打線では3番・大石哲平と8番の池谷がそれぞれ3安打と当たっています。

大阪桐蔭は昨秋の中国大会を制した宇部鴻城との一戦に大勝。エースの徳山壮磨は7回を投げ被安打2と好投。控えの香川麗爾、柿木蓮もそれぞれ1イニングを投げノーヒットに抑えました。打線では6番を打つ山田健太が本塁打を含む2安打。

勝敗予想

1回戦をともに大勝した両校の対戦ですが、ここは投手戦となりそうです。

投打ともにスキのなさそうな大阪桐蔭ですが、ここは静岡の勝利と予想します。もちろん力差は無いのでしびれる展開となりそうです。