【2017センバツ】7日目第3試合 健大高崎(群馬)-福井工大福井(福井)展望・予想

この記事をシェアする

第89回全国高校野球選手権大会(春のセンバツ)7日目第3試合
健大高崎(群馬)-福井工大福井(福井)の見どころをまとめたいと思います。

健大高崎(群馬)-福井工大福井(福井)の見どころ

秋季大会の成績比較

防御率(公式戦のみ)

健大高崎:1.68

福井工大福井:3.47

チーム打率(公式戦のみ)

健大高崎:.302

福井工大福井:.340

1回戦の結果

健大高崎

健大高崎11-1札幌第一

40打数16安打 .400

防御率:1.00(9回 自責点1)

福井工大福井

福井工大福井6-4仙台育英

35打数10安打 .286

防御率:2.00(9回 自責点2)

1回戦所感

札幌第一を相手に終始試合を優位に進めた健大高崎。1番の今井佑輔、3番の安里樹羅が3安打と当たっています。上位~下位と満遍なく当たりが出ており不安はなさそうです。投手陣も札幌第一に3安打しか許さず上々の仕上がりとみます。

仙台育英に競り勝ち、41年ぶりのセンバツ勝利をおさめた福井工大福井。エースの摺石達哉は8安打を浴びながら粘りのピッチングで終盤の逆転を呼び込みました。打線は10安打ながら先発9人中8人に安打が出ています。

勝敗予想

難解な一戦。投打とも、健大高崎がやや上回っているようにも見えますが、仙台育英相手に粘り勝ちした福井工大福井も侮れません。

一応健大高崎の勝利を予想しますが、健大高崎の投手陣の出来次第では福井工大福井のワンサイドも。