【2017センバツ】7日目第2試合 福岡大大濠(福岡)-滋賀学園(滋賀)展望・予想

この記事をシェアする

第89回全国高校野球選手権大会(春のセンバツ)7日目第2試合
福岡大大濠(福岡)-滋賀学園(滋賀)の見どころをまとめたいと思います。

福岡大大濠(福岡)-滋賀学園(滋賀)の見どころ

秋季大会の成績比較

防御率(公式戦のみ)

福岡大大濠:1.72

滋賀学園:1.88

チーム打率(公式戦のみ)

福岡大大濠:.345

滋賀学園:.332

1回戦の結果

福岡大大濠

福岡大大濠6-3創志学園

25打数8安打 .320

防御率:2.00(9回 自責点2)

滋賀学園

滋賀学園6-2東海大市原望洋

46打数11安打 .239

防御率:0.64(14回 自責点2)

1回戦所感

終盤の追い上げをしのぎ6-3で創志学園を破った福岡大大濠。エースの三浦銀二は被安打9、失点2のまずまずのピッチングでした。8番を打つ樺嶋竜太郎が2本塁打を含む3安打を放ちましたがチーム全体では8安打。もう少し打線のつながりが欲しいところです。

延長14回の死闘を競り勝った滋賀学園。14回の集中打は見事でした。192球を投げた棚原孝太の疲労が気になるところですが、エース・神村月光が控えており問題ないとみます。東海大市原望洋の好投手・金久保を攻略した打撃陣にはもう少し元気が欲しいところ。

勝敗予想

この試合のポイントは滋賀学園の打線が福大大濠の三浦を攻略できるか、ということでしょう。

実力伯仲の一戦ですが、昨秋九州大会Vの福岡大大濠がやや有利とみます。