【2017センバツ】7日目第1試合 報徳学園(兵庫)-前橋育英(群馬)展望・予想

この記事をシェアする

第89回全国高校野球選手権大会(春のセンバツ)7日目第1試合
報徳学園(兵庫)-前橋育英(群馬)の見どころをまとめたいと思います。

報徳学園(兵庫)-前橋育英(群馬)の見どころ

秋季大会の成績比較

防御率(公式戦のみ)

報徳学園:1.66

前橋育英:1.77

チーム打率(公式戦のみ)

報徳学園:.339

前橋育英:.338

1回戦の結果

報徳学園

報徳学園21-0多治見

48打数21安打 .438

防御率:0.00(9回 自責点0)

前橋育英

前橋育英5-1中村

29打数9安打 .310

防御率:1.00(9回 自責点1)

1回戦所感

1回戦では多治見相手に21-0と大勝した報徳学園。2番・永山裕真が5安打、3番・片岡心と4番・篠原翔太は3安打と当たりを見せています。投手陣も4投手の継投で失点0と上々の出来です。

前橋育英は好機を逃さず集中打で効果的に加点。中村を5-1で破りました。丸山和郁、皆川喬涼、根岸崇裕の3投手も好投。

勝敗予想

ともに1回戦で21世紀枠のチーム相手に勝利をおさめた両校の戦いとなりました。

初戦で21得点を挙げた報徳学園も、前橋育英の投手陣相手となると少々苦戦するかもしれません。

勝敗予想の難しい試合ですが、ここは前橋育英の勝利を予想。報徳学園は大勝の後の反動が気がかりです。