【2017センバツ】6日目第3試合 智弁学園(奈良)-盛岡大附(岩手)展望・予想

この記事をシェアする

第89回全国高校野球選手権大会(春のセンバツ)6日目第3試合
智弁学園(奈良)-盛岡大附(岩手)の見どころをまとめたいと思います。

智弁学園(奈良)-盛岡大附(岩手)の見どころ

秋季大会の成績比較

防御率(公式戦のみ)

智弁学園:2.64

盛岡大附:1.78

チーム打率(公式戦のみ)

智弁学園:.351

盛岡大附:.335

1回戦の結果

智弁学園

智弁学園9-0熊本工

35打数11安打 .314

防御率:0.00(9回 自責点0)

盛岡大附

盛岡大附10-9高岡商

42打数15安打 .357

防御率:7.20(10回 自責点8)

1回戦所感

1回戦では熊本工の好投手・山口を攻略した智弁学園打線。中でも3番・西岡寿透は3安打と大当たりでした。エース・松本竜也は被安打3で完封と申し分ないピッチングを見せました。

盛岡大附は高岡商との点の取り合いを制しサヨナラ勝ち。4番・比嘉賢伸の4安打をはじめ、計15本の安打を高岡商投手陣に浴びせました。

勝敗予想

1回戦の戦いぶりが対照的な両校。好ゲームが予想されます。

ここは盛岡大附の勝利を予想しますが、ロースコアの試合となった場合は智弁学園が有利かもしれません。