【2017センバツ】2日目第3試合 中村(高知)-前橋育英(群馬)展望・予想

この記事をシェアする

第89回全国高校野球選手権大会(春のセンバツ)2日目第3試合
中村(高知)-前橋育英(群馬)の見どころをまとめたいと思います。

中村(高知)-前橋育英(群馬)の見どころ

秋季大会の成績比較

防御率(公式戦のみ)

中村:1.40

前橋育英:1.77

チーム打率(公式戦のみ)

中村:.271

前橋育英:.338

投手力の比較

中村のマウンドを守るのはエース右腕・北原野空(のあ)。最速137キロの右腕です。昨秋の高知大会準決勝では土佐を1失点に抑え、決勝では後に四国大会を制する明徳義塾を完封と、強豪相手に好投を見せました。

前橋育英の投手陣は140キロ超えが何と5人。秋季大会で最もマウンドに上がった右腕の吉沢悠、秋の関東大会でリリーフで活躍した左腕の丸山和郁、右腕の皆川喬涼、根岸崇裕、木島佑起と、充実の投手陣です。

攻撃力の比較

中村の4番はエースの北原。昨秋の公式戦では打率2割と低調でしたが、練習試合では本塁打を放つなど、パンチ力のあるところを見せました。公式戦で当たりを見せたのがショートを守る大崎凛。打率.542をマークしました。

前橋育英は公式戦打率.355の丸山、.433の飯塚剛己の一、二番コンビがチャンスを作り、.517の三番・戸部魁人、高校通算16本塁打の四番・飯島大夢が還します。得点力の高い上位打線が攻撃をけん引します。

その他

「二十四の瞳」から40年。中村が甲子園に帰ってきました。21世紀枠での出場とはいえ、昨秋の高知王者と、実力は他校に引けをとりません。

2013年の選手権を制した前橋育英は昨夏に続き2季連続の出場。「凡事徹底」を合言葉にまずはセンバツ初勝利を目指します。

勝敗予想

21世紀枠で出場の中村ですが、昨秋の高知大会決勝では明徳義塾に完封勝ちをおさめており、実力は確かです。前橋育英にとって、決して侮れない相手です。

しかし勝つのは前橋育英と予想。投打ともに中村より一枚上と見ます。