センバツ出場校決定!順当な選考で早慶そろい踏みはならず

この記事をシェアする

センバツの出場校が決まりました。いよいよ高校野球シーズンが開幕ですね。外はまだ寒いのでムードが出ませんが。

「早慶同時出場」は一部の年代が喜ぶだけ

今回、一番注目していたのが「早慶(早実と慶應義塾)」が同時出場するかどうかということ。

昨秋の都大会の前に以下のようなツイートもしていたのですが、杞憂に終わりましたね。

都大会の決勝は生観戦していたのですが、日大三の桜井、金成両選手は甲子園でも見たいと思わせる良い選手でした。勿論、秋の神奈川大会を制した慶應義塾も強いチームなのですが、三高にあれだけの試合をされちゃ三高を選ばないわけにはいきませんよね。

ともかく、「早慶同時出場」などという一部の年代と一部の学校しか喜ばないようなことで「地域性」などという理由で健大高崎が貧乏くじを引かなくてよかったです。Be together!

21世紀枠の選考に思うこと

21世紀枠の選考は毎年どきどきしますよね。選考委員がごり押しする学校の選出理由を見るのが何より楽しみです。

今年は不来方(岩手)、多治見(岐阜)、中村(高知)の3校が選出。不来方は「部員10人」で洛星(京都)とカブっていたので気が気じゃなかったでしょうね。さすがに「部員10人」の学校を2校選出するようなことがなくて良かったです。試合不成立のリスクが高すぎます。

でも今年の21世紀枠、一般枠での選出にやや足りないってところの救済措置に見えるのですが、それは実力的な裏付けがあるということでもあるので、それはそれで結構なことです。甲子園で実力差の大きい試合を見たくないですし。さすがに府大会ベスト8の洛星じゃ心許ない、と書いたところで昨年21世紀枠でセンバツに出場した長田(兵庫)が県大会ベスト8であることを思い出しました。じゃあ洛星でも良かったじゃないか。

21世紀枠を巡っては、「21世紀枠の学校に負けたのは末代までの恥。腹を切って死にたい」などという某監督の発言もありましたが、そのときの相手の向陽(和歌山)は秋の和歌山大会準優勝で近畿大会にも出てましたから、野々村監督はそんなに恥じゃないです。

独特の校歌のあの高校も出場

今大会、日本の高校の校歌では(面白度合いで)上位に入る至学館(愛知)、健大高崎(群馬)の両校が出場します。

至学館校歌

「夢追人」というタイトルなのです。タイトルが付いている校歌はそんなにないはず。

健大高崎校歌

そういや、健大高崎が甲子園に初出場した時に「高崎高校」って呼んじゃったアナウンサーはお元気でしょうか。正式名称が「高崎健康福祉大学高崎高校」なので厳密にいうと間違いじゃないのですが、群馬で「高崎高校」といえば100%「群馬県立高崎高校」を指すので、やはり間違いです。

どちらの校歌も、素敵な歌詞なんですよね。2曲とも話題先行ではあるのですが、試合を見るときに歌詞にも注目してください。沁みますよ。

センバツ見どころ

「神宮枠」で1校増えた近畿勢、福岡2校、熊本2校の九州勢、早実と日大三の東京勢など、注目するポイントがたくさんあって楽しみです。2月7日発売の「報知高校野球」を読みながら開幕を待つとします。

ひとつ気になることがあるとすれば「清宮清宮騒ぎすぎ」ということ。良い選手であることには違いないですが、ちょっと騒ぎすぎじゃない?と思うわけです。早実も清宮も何もしてないのに、あれじゃアンチを増やすだけで誰も得しないでしょう。

第89回選抜高校野球大会出場32校(3月19日開幕)

●北海道(1)

札幌第一

●東北(2)

仙台育英(宮城)
盛岡大付(岩手)

●関東・東京(6)

作新学院(栃木)
東海大市原望洋(千葉)
前橋育英(群馬)
高崎健康福祉大高崎(群馬)
早実(東京)
日大三(東京)

●北信越(2)

福井工大福井(福井)
高岡商(富山)

●東海(2)

静岡(静岡)
至学館(愛知)

●近畿(7)

履正社(大阪)
神戸国際大付(兵庫)
大阪桐蔭(大阪)
滋賀学園(滋賀)
報徳学園(兵庫)
智弁学園(奈良)
高田商(奈良)

●中国・四国(5)

宇部鴻城(山口)
市呉(広島)
創志学園(岡山)
明徳義塾(高知)
帝京五(愛媛)

●九州(4)

福岡大大濠(福岡)
東海大福岡(福岡)
秀岳館(熊本)
熊本工(熊本)

●21世紀枠(3)

不来方(岩手)
多治見(岐阜)
中村(高知)