【2016秋季大会】部員数は関係なし!部員9人の穴吹(徳島)、部員10人の不来方(岩手)が奮闘中!

この記事をシェアする

部員が何人いようとも、プレイをするのは9人。

その9人の頑張り次第では強豪校を負かすことも十分に可能です。

部員9人の穴吹(徳島)、5年連続選手権出場の鳴門を破る!

2016年9月17日(土)に行われた秋季徳島大会1回戦で部員9人の穴吹が、5年連続で夏の選手権に出場している強豪・鳴門に3-2で勝利しました。

2016年秋季徳島大会 鳴門-穴吹(2016年9月17日)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
穴吹 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3
鳴門 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2

部員10人の不来方(岩手)、盛岡市立を破り準決勝に進出!

2016年9月19日(月)に行われた秋季岩手大会1回戦で部員10人の不来方(こずかた)が、盛岡市立に7-1で勝利。ベスト4進出を決めました。21日に行われる花巻農との準決勝に勝利すれば春秋通じて初の東北大会出場を果たします。

2016年秋季岩手大会 不来方-盛岡市立(2016年9月19日)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
不来方 0 0 0 0 0 2 5 0 0 7
盛岡市立 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

所感

部員数が少ないと練習内容にも制約が出ますし、ケガや病気で部員が欠けてしまうと大会への参加も難しくなります。そんな中で奮闘を見せている穴吹、不来方の両校の今後の戦いに注目です。