【2016秋季大会】奈良大附が天理に勝利!天理は来春のセンバツ出場が絶望的に

この記事をシェアする

9月11日に行われた高校野球秋季奈良大会2回戦で、2016年の選手権奈良大会準優勝の天理が2-5で奈良大附に敗れ、来春のセンバツ出場が絶望的となりました。

試合経過

1回裏に犠牲フライで奈良大附に先制された天理ですが、2回表に犠牲フライで同点とした後、3回表にはタイムリーツーベースで逆転に成功。しかし5回裏、奈良大附に4本の安打を浴び4点を取られ逆転を許してしまいます。

打線も奈良大附の3投手、木下、矢野、大西の前に4回以降はわずかにヒット1本と沈黙。8回表の一死一二塁というチャンスも生かせずに天理高校の敗退が決まりました。

奈良大附が天理から公式戦で勝利したのは2013年夏の奈良大会3回戦以来となります。奈良大附は2015年春以来、2年ぶり2回目のセンバツ出場を目指します。

奈良市内の高校はセンバツこそ、奈良大附、奈良、奈良工(現・奈良朱雀)、一条といった学校が出場していますが、夏の選手権への出場はこれまで一度もありません。夏の甲子園の出場に一番近い存在は、2013年に奈良大会で決勝にも進出している奈良大附でしょう。奈良大附の今後の戦いに注目です。

2016年秋季奈良大会 天理-奈良大附(2016年9月11日)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
天理 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2
奈良大附 1 0 0 0 4 0 0 0 0 5