【2016秋季高校野球】選手権ベスト8の木更津総合(千葉)が秋の初戦に臨みます

この記事をシェアする

好投手・早川隆久を擁し2015年の秋季千葉大会、関東大会で優勝しその年の神宮大会、そして翌春のセンバツにも出場、さらに2016年夏の選手権に出場しベスト8に進出した木更津総合(千葉)。新チームが秋季大会に臨みます。

木更津総合の新主将は峯村貴希に!

木更津総合、新チームのキャプテンは前チームでも活躍した大型遊撃手の峯村貴希に決まった模様。今夏の甲子園でも試合に出場した山下輝、細田悠貴らとともに、新チームの中心的役割を構成するのでしょうか。

木更津総合、秋季大会初戦の相手は東葛飾

木更津総合の秋季大会初戦の相手は東葛飾と決まりました。東葛飾は地区予選で2戦とも完封で勝ち上がっているチームですが、木更津総合が相手では少々厳しいでしょうか。勝てば次の相手は千葉英和と柏陵の勝者となりますが、ここも難なくクリアできそうです。

しかしさすがの木更津総合もここからは厳しい戦いとなりそうです。3回戦の相手は成田が濃厚です。千葉大会上位常連の成田とは昨夏の準々決勝でも対戦しておりその時は勝利していますが、決して侮れない相手です。

準々決勝の相手は少々読みづらいですが、東海大市原望洋、敬愛学園、安房、安房拓心らの争いとなりそうです。そして準決勝では拓大紅陵、習志野、市立船橋、専大松戸など強豪校のいずれかが待ち構えます。この勝負所をクリアすれば、2年連続の秋季大会優勝が見えてくるでしょう。関東大会での成績により、3年連続のセンバツ出場も期待できます。

木更津総合の新チームの戦いに期待です。

2016年秋季千葉大会組み合わせ