【2016秋季高校野球】早実は初戦24-0と快勝!主将・清宮は2安打を放つ!

この記事をシェアする

9月4日(土)多摩一本杉球場にて高校野球秋季東京大会一次予選1回戦・早稲田実-八王子桑志の一戦が行われました。

注目の清宮は?

注目は新チームでキャプテンを務める早稲田実の清宮幸太郎(2年)です。その清宮、第1打席はファーストゴロに倒れたものの第2打席でライト前ヒット、第3打席ではセンター前にタイムリーヒットを放ちました。第4打席は四球、第5打席はファーストへのファールフライで本日の打撃成績は4打数2安打1打点。チームは24-0とコールド勝ちし、明日9月4日の一次予選2回戦へと進出しました。立志舎と対戦するこの試合に勝つと秋季都大会進出が決まります。

清宮のコメント

来春の選抜大会を目指す清宮は「全然駄目だった」と自身の打撃に不満そうで「これから甲子園に向けて覚悟を忘れず一戦一戦を戦いたい」と意気込んだ。主将就任後は体づくりを掲げる。「今までの早実の色を出しつつ、新しい色も出していきたい」と言葉に力を込めた。(出典:sanspo.com

2016年秋季東京大会一次予選1回戦 早稲田実-八王子桑志(2016年9月3日)

  2 3 4 5 6 7 8 9  
八王子桑志 0 0 0 0 0         0
早稲田実  4 7 4 9 X         24

(記事出典:日刊スポーツ