【U-18】開幕投手は寺島成輝(履正社)が有力!?そして気になる「二刀流」は?

この記事をシェアする

(出典:日刊スポーツ

いよいよ8月30日(火)に開幕する「第11回 BFA U-18アジア選手権」、日刊スポーツは第1戦の香港戦の先発を寺島成輝投手(履正社)と予想しています。

小枝守監督(65)は開幕投手について「精神的に安定して興奮するわけでもなく、かといって臆病になるわけでもない選手を見極めたいと思う」と明言を避けたが、ここまでの調整法などから、履正社・寺島の可能性が高まった。(出典:日刊スポーツ

先発・寺島成輝は妥当か?

日刊スポーツの記事にある「調整法」については分かりませんが、チーム結成後最初の練習試合である早稲田大戦での先発に小枝監督が寺島を指名したことから、小枝監督は寺島に大いに期待していると考えて間違いないでしょう。

プロ球団からの評価も高い寺島が好投し、チームを勢いづかせてくれるでしょうか。

「高校ビッグ3」の一角、履正社(大阪)寺島成輝投手(3年)が公約通りの150キロで甲子園デビューした。高川学園打線を6回1死まで無安打に抑え、2安打11三振1… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

気になる寺島の「二刀流」

寺島といえば気になるのが「二刀流」。練習試合2戦目の練習試合(立教大戦)では野手として先発出場したこともあり、本大会の2戦目以降は外野手、またはDH(指名打者)として出場する可能性もあります。

今回のU-18のメンバーで、外野手は2人しか選ばれておらず、当初より藤嶋健人(東邦)、藤平尚真(横浜)、そして寺島の外野手としての起用が伝えられていました。

【侍ジャパンU-18代表】東邦・藤嶋は外野手で、横浜・藤平と履正社・寺島は「二刀流」で出場へ
「第11回 BFA U-18アジア選手権」(8月30日(火)~9月4日(日)に台湾・台中で開催)に出場する高校日本代表の合宿が2...

もちろん、初戦の香港戦で降板後に外野に回る可能性もあり、その意味でも注目の第1戦となります。

第11回 BFA U-18アジア選手権日程

第1戦:8/30(火)13時 vs香港

第2戦:8/31(水)19時半 vsチャイニーズ・タイペイ

第3戦:9/1(木)13時 vsインドネシア

(時間は日本時間です)

※以降の試合予定は結果により異なります。