【2016秋季大会】東京都秋季大会一次予選の組み合わせ決定!注目の早稲田実の相手は?

この記事をシェアする

8月27日、東京都秋季大会一次予選の組み合わせ抽選会が行われました。

秋の東京大会は東西に分かれずに行われる、高校野球の都道府県単位の大会では最も大規模なものです。

ここでは、東京都秋季大会一次予選の主な対戦カードをご紹介します。

ご紹介するのは今夏の東西東京大会でベスト8に残った16チームの初戦のカード、試合日時です。

組み合わせ 試合日 開始予定
関東一-葛飾野 9/10 10:00
東亜学園-大田桜台 9/4 12:30
二松学舎大付-八王子北 9/10 12:30
城東-足立西 9/11 10:00
修徳 -聖学院 9/4 10:00
江戸川 -東大和 9/3 10:00
日大豊山-東海大高輪台 9/11 10:00
帝京-多摩工 9/4 11:30
八王子-葛飾商 9/4 9:00
東海大菅生-(八王子実践-大森学園) 9/18 12:30
日大三-青稜 9/4 14:00
創価-篠崎 9/10 12:30
国学院久我山-国士舘 9/4 12:30
早稲田実-八王子桑志 9/3 10:00
早大学院-国立 9/11 9:00
聖パウロ学園-新宿 9/11 14:00

この中で最も注目したいのが国学院久我山-国士舘の一戦。選手権より選抜の出場回数のほうが多い両校の対戦です。特に国士舘は選手権の出場回数1回に対し選抜は8回と秋季大会で強さを発揮してきました。2009年の選抜以来、甲子園から遠ざかっている国士舘ですが、今秋の戦いぶりに注目したいところです。

また、今夏の東東京大会ベスト8の江戸川は「元祖都立の星」東大和と、同じく東東京大会ベスト8の日大豊山が東海大高輪台と対戦します。

そして今夏の西東京大会準優勝の東海大菅生は1回戦が不戦勝、2回戦で八王子実践-大森学園の勝者に勝てば本大会進出と良いクジを引きました。清宮幸太郎率いる早稲田実は八王子桑志との対戦となりますが、収容人数の関係で会場が多摩一本杉球場となりますのでご注意ください。