夏準優勝の北海高校に早くも試練。秋の初戦は強豪・東海大札幌に決定!

この記事をシェアする

(9/3追記:この試合の結果はこちらでご覧いただけます)

夏の甲子園大会も終了し、各学校とも新チームが始動しています。

選手権の優勝校・作新学院(栃木)と「一番長い夏」を過ごした選手権準優勝校・北海高校も例外ではありません。

選手権で正捕手を務めた佐藤大雅新主将の下、9月3日より開幕する69回秋季北海道高校野球大会への出場をかけた札幌地区予選に臨みます。

北海高校の秋の初戦の相手は強豪・東海大札幌に決定!

その北海高校、秋の初戦はなんと昨春のセンバツ準優勝校・東海大札幌と決まりました。 

▼過去10年の両校の対戦成績

2016.7.21 選手権南北海道大会準決勝 北海8-1東海大札幌

2014.10.12  秋季北海道大会決勝 北海2-3東海大四

2014.5.26 春季北海道大会1回戦 北海1-8東海大四

2010.6.30 選手権南北海道大会地区大会3回戦 北海5-1東海大四

2008.6.2 春季北海道大会準決勝 北海2-9東海大四

2006.7.4 選手権南北海道大会地区大会代表決定戦 北海4-0東海大四

※東海大札幌は2016年3月31日まで東海大四

北海と東海大札幌の過去10年の対戦成績は3勝3敗の五分です。

この試合は9月3日(土)、13:30より円山球場にて行われる予定です。

もし北海が負ければ、今年「一番長い夏」を過ごした北海の来春のセンバツ出場の可能性は消滅。「長い冬」に入ります。