【2016夏の甲子園】3日目第1試合 市尼崎(兵庫)-八戸学院光星(青森)展望・予想

この記事をシェアする

第98回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)3日目第1試合
市尼崎(兵庫)-八戸学院光星(青森)の見どころをまとめたいと思います。

市尼崎(兵庫)-八戸学院光星(青森)の見どころ

①投手力の比較

市尼崎はエースの右腕・平林弘人(3年)が中心となります。兵庫大会8試合中7試合で登板、3連投を乗り切るなどスタミナ抜群です。控えの辻井亮汰(2年)は19イニング投げて22奪三振と、三振の取れる好投手です。

八戸学院光星はエースの桜井一樹(3年)を中心とした4人の投手陣です。桜井は決勝の大湊戦を完封、控えの和田悠弥(3年)も16回を投げ失点3と好投しています。

②攻撃力の比較

市尼崎は出場49校中47位のチーム打率.237。低調の打撃陣を投手陣が救ってきたという図式です。4番を打つ藤井倭(3年)が2本塁打を気を吐いています。

八戸学院光星のはチーム打率.375と打撃陣も好調です。1番を打つ伊藤優平(3年)は打率.560と絶好調。甲子園でも持ち味の俊足を生かしたいところです。また、6試合で23盗塁と機動力のあるところも見せています。

③その他

市尼崎は5回戦の西宮今津戦で延長15回引き分けとなり、翌日の再試合でも2-1と接戦を演じました。さらに翌日の準々決勝、報徳学園戦も1-0と気の抜けない戦いが続きました。この経験は大きいのではないでしょうか。

今年の青森大会にノーシードで臨んだ八戸学院光星ですが、6試合全て6点以上の差をつけての勝利と、力のあるところを見せつけました。センバツとはメンバーも入れ替わり、チーム力がアップしたものと思われます。

勝敗予想

投打ともに上回る八戸学院光星の勝利を予想します。市尼崎は投手陣が踏ん張りロースコアの展開に持っていきたいところ。

第98回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)組み合わせと展望一覧
平成28年8月7日(日)から21日(日)までの15日間(雨天順延、休養日1日を含む)、第98回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲...