【2016夏の甲子園】出場49校の打撃成績まとめ(打率・本塁打・犠打・盗塁)

この記事をシェアする

2016年夏の選手権に出場する49校の打撃成績をまとめました。(週刊朝日増刊「甲子園2016」より集計。チーム打率、犠打数、盗塁数、本塁打数のベスト10などを掲載しています。

▼チーム別の一覧はこちらからどうぞ
http://89news.me/kokoyakyu/3742

2016年夏の選手権 チーム打率

チーム打率ベスト10

順位 校名   打率
1 山梨学院 山梨 0.490
2 京都翔英 京都 0.433
3 作新学院 栃木 0.432
4 常葉菊川 静岡 0.410
5 秀岳館 熊本 0.405
6 履正社 大阪 0.404
7 盛岡大付 岩手 0.395
8 花咲徳栄 埼玉 0.389
9 北海 南北海道 0.379
10 近江 滋賀 0.378

予選5試合で77点を挙げた山梨学院(山梨)が.490で出場49校中トップのチーム打率です。以降、京都翔英(京都)、作新学院(栃木)、常葉菊川(静岡)、秀岳館(熊本)の上位5校がチーム打率4割以上となっています。

チーム打率ワースト5

順位 校名   打率
1 大曲工 秋田 0.197
2 長崎商 長崎 0.225
3 市尼崎 兵庫 0.237
4 前橋育英 群馬 0.257
5 関東一 東東京 0.267

秋田代表・大曲工が出場校中ワーストのチーム打率.197です。予選5試合のうち、準決勝までの4試合を2点差、決勝戦を1点差で勝利しており、粘り強い戦いを見せますが果たして。3年前の選手権を制した前橋育英(群馬)、2年連続出場の関東一(東東京)も予選では低打率でした。

2016年夏の選手権 平均犠打数

平均犠打数ベスト10

順位 校名   平均犠打数
1 北海 南北海道 4.86
2 富山第一 富山 4.80
3 唐津商 佐賀 4.75
4 樟南 鹿児島 4.71
5 市和歌山 和歌山 4.40
6 尽誠学園 香川 4.33
7 広島新庄 広島 3.83
7 出雲 島根 3.83
9 智弁学園 奈良 3.80
9 長崎商 長崎 3.80

全国最多の37回目の選手権出場となる北海(南北海道)は、1試合平均5個近くの犠打を決めています。富山第一(富山)、唐津商(佐賀)、樟南(鹿児島)、市和歌山(和歌山)、尽誠学園(香川)も1試合平均4個以上の犠打を決めながらの戦いで、甲子園への切符を掴みました。

平均犠打数ワースト5

順位 校名   平均犠打数
1 作新学院 栃木 0.83
2 北陸 福井 1.00
3 いなべ総合 三重 1.20
3 山梨学院 山梨 1.20
5 明徳義塾 高知 1.25

チーム打率3位の作新学院(栃木)と同1位の山梨学院(山梨)は犠打をさほど使わず勝ち上がりました。同41位(.289)にもかかわらず犠打の少ない北陸(福井)の、甲子園での戦いぶりには注目したいところです。

2016年夏の選手権 平均盗塁数

平均盗塁数ベスト10

順位 校名   平均盗塁数
1 秀岳館 熊本 6.20
2 高川学園 山口 4.00
3 八戸学院光星 青森 3.83
3 中越 新潟 3.83
3 八王子 西東京 3.83
6 広島新庄 広島 3.67
7 富山第一 富山 3.20
8 東邦 愛知 3.17
9 出雲 島根 3.00
10 常葉菊川 静岡 2.71

強打のイメージが強い秀岳館(熊本)が予選5試合で31個の盗塁を決めています。そのうち11個が初戦の熊本西戦、8個は3回戦の済々黌戦、7個は決勝の九州学院戦で決めたものです。

平均盗塁数ワースト5

順位 校名   平均盗塁数
1 北海 南北海道 0.29
2 嘉手納 沖縄 0.57
3 長崎商 長崎 0.60
4 クラーク記念国際 北北海道 0.67
5 履正社 大阪 0.75

平均犠打数が出場49校中トップの北海(南北海道)、盗塁は7試合でわずか2個と出場校数最少です。

2016年夏の選手権 平均本塁打数

平均本塁打数ベスト10

順位 校名   平均本塁打数
1 横浜 神奈川 2.00
2 星稜 石川 1.80
3 鶴岡東 山形 1.40
4 常葉菊川 静岡 1.14
5 東邦 愛知 1.00
5 松山聖陵 愛媛 1.00
5 智弁学園 奈良 1.00
5 山梨学院 山梨 1.00
9 履正社 大阪 0.88
10 近江 滋賀 0.83

横浜(神奈川)が予選7試合で14本塁打と長打力のあるところを見せました。3番・増田珠、4番・村田雄太、6番・公家響が各3本、エースの藤平尚真が2本放っています。

平均本塁打数ワースト5

順位 校名   平均本塁打数
1 秀岳館 熊本 0.00
1 高川学園 山口 0.00
1 富山第一 富山 0.00
1 出雲 島根 0.00
1 唐津商 佐賀 0.00
1 大曲工 秋田 0.00
1 佐久長聖 長野 0.00
1 長崎商 長崎 0.00

チーム打率が4割を超す秀岳館(熊本)、意外にも予選でのホームランはゼロです。安打の半数以上が単打と、コンパクトな打撃を徹底したようです。

まとめ

「打線は水物」と言いますが、好投手が揃う甲子園大会で予選以上の打撃力を発揮する、というのもやや難しいと思われますので、やはりある程度は参考になるでしょう。