八王子市に続け!甲子園初出場を狙う東京都の自治体紹介

この記事をシェアする

2016年の選手権大会で西東京代表となった八王子学園八王子高校。
なんと、これが八王子市の学校として春夏通じて初の甲子園出場となるそうです。

第98回全国高校野球西東京大会の決勝となる八王子学園八王子高校(八王子市台町4)対東海大菅生高校(あきる野市)の試合が7月27日、神宮球場(新宿区)で行われ、5対3で八王子高校が春夏通じて初となる甲子園行きの切符を手にした。

そこで、甲子園の出場校数を東京都の自治体別に調べてみました。

※同じ学校が複数回出場しても「1校」という計算です。また、移転等で現在の校舎の場所と異なる場合があります。

自治体別甲子園出場回数ベスト5

1位:杉並区、世田谷区(4校)

杉並区からは日大二、日大鶴ヶ丘、国学院久我山、佼成学園が、世田谷区からは国士舘、日大桜丘、駒大高、世田谷学園が出場しています。

3位:千代田区、港区(3校)

千代田区からは明大明治、二松学舎大附、正則学園が、港区からは日大三(1975年以前)、慶應義塾(1949年まで)、慶應第二(1949年まで)が出場しています。

4位:文京区、墨田区、大田区、豊島区、町田市、小平市(2校)

町田市から出場の2校(日大三、桜美林)はともに選手権優勝経験があります。

東京都で甲子園未出場の自治体

中央区、目黒区、渋谷区、荒川区、練馬区、足立区
立川市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、小金井市、日野市、東村山市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、西東京市
西多摩郡瑞穂町、大島町、新島村、神津島村、三宅村、八丈町、小笠原村

6区10市3町4村が甲子園未出場です。

最も「甲子園初出場」に近い自治体は?

1.練馬区

早大学院(2010年夏ベスト4、2011年・2016年夏ベスト8)があり、甲子園出場にかなり近づいています。

2.日野市

都立日野(2013年夏準優勝、2015年夏ベスト16)に期待できそうです。

3.渋谷区

青山学院(2011年夏ベスト8、2013年夏ベスト16)に期待です。