【観戦記】明大中野vs雪谷 (2016年7月12日・神宮球場)

この記事をシェアする

160712_meinaka_yukigaya_01

7月12日(火)、明治神宮野球場にて2016年夏の東東京大会2回戦・明大中野vs雪谷が行われました。
序盤屈指の好カードということで、平日午前の試合に関わらず熱心な高校野球ファンが多く詰め掛けました。

明大中野の先発はエース・川西雄大。右スリークォーターから切れの良い速球を投げる好投手です。対する雪谷はテークバックの小さい変則フォームの右投手・背番号9を着けた萩原慶を先発のマウンドに送り出しました。

160712_meinaka_yukigaya_02 160712_meinaka_yukigaya_03

1回表、雪谷・萩原の立ち上がりを攻め、ヒットと四球2つで二死満塁とした明大中野でしたが後続を絶たれ無得点に終わります。その裏の雪谷も明大中野の川西の立ち上がりを攻め一死一塁三塁とチャンスを作ります。続く雪谷の4番・神子堅吾が放った三塁方向へのゴロを明大中野のサード、飯島湧太が本塁に送球。フィルダースチョイスで雪谷が1点を先取します。

明大中野は2回表、その飯島湧太のタイムリーですぐさま同点としますが、雪谷も3回裏に1点、4回裏に2点を取り明大中野を徐々に突き放します。

4対1と雪谷リードで迎えた5回表、明大中野は4本の長短打とパスボールなどで4点を取り逆転に成功。雪谷もその裏の攻撃で、エラーなどで無死一二塁のチャンスを作ると萩原慶のタイムリーで同点に追いつきます。しかし一塁ランナーが挟殺プレイでアウトとなりバッターランナーも二塁手前でアウトに。ボーンヘッドで逆転のチャンスをつぶしてしまいます。

このプレイで流れは一気に明大中野に。6回の表には4番を打つ2年生・中野航太に3ランが飛び出し雪谷の先発・萩原をノックアウト。続いて登板したエースナンバーの鈴木匠からのスクイズで1点を取り、9対5と雪谷を突き放します。

4回裏途中から登板した明大中野の2番手投手・大竹義輝は交代した直後こそコントロールに苦しんだものの、右オーバーハンドから力のあるボールを投げ、雪谷打線に追加点を許しません。

160712_meinaka_yukigaya_04

試合終盤になっても明大中野は攻撃の手を緩めず、8回表には横堀貴大のタイムリー二塁打で1点、9回表にも横堀にタイムリー二塁打が飛び出し5点を加え、15対6と試合を決定付けます。

最終回、雪谷は相手エラーで1点を返したものの反撃はここまで。
屈指の好カードは思わぬ大差となり、昨夏ベスト16の雪谷が初戦で姿を消しました。

明大中野 010044015 15
雪谷   101210001 _6