【2016選手権・夏の甲子園】奈良大会優勝校予想・展望

この記事をシェアする

2016年夏の奈良大会は7月10日(日)に開幕予定です。
ここでは、過去3年の地方大会の結果と傾向を元に、2016年夏の甲子園に出場する高校を予想いたします。
過去のデータから、思いもよらぬ伏兵が浮かび上がってくるかもしれません。

過去3年の奈良大会結果

2013年度奈良大会結果

校名 2012年秋 2013年春 2013年夏
天理 優勝    
大和広陵 準優勝   ベスト4
橿原学院 ベスト4 ベスト4  
一条 ベスト4 ベスト8  
奈良情報 ベスト8    
高田 ベスト8    
智弁学園 ベスト8   ベスト8
登美ヶ丘 ベスト8 準優勝  
奈良大付   優勝 準優勝
橿原   ベスト4 ベスト8
畝傍   ベスト8  
香芝   ベスト8 ベスト8
郡山   ベスト8  
桜井     優勝
奈良朱雀     ベスト4
五條     ベスト8

2014年度奈良大会結果

校名 2013年秋 2014年春 2014年夏
智弁学園 優勝 優勝 優勝
奈良大付 準優勝   ベスト8
橿原学院 ベスト4 ベスト8  
香芝 ベスト4    
奈良高専 ベスト8    
関西中央 ベスト8    
大和広陵 ベスト8 ベスト4 ベスト4
平城 ベスト8    
天理   準優勝 準優勝
畝傍   ベスト4 ベスト4
五條   ベスト8  
桜井   ベスト8  
奈良朱雀   ベスト8  
御所実     ベスト8
登美ヶ丘     ベスト8
法隆寺国際     ベスト8

2015年度奈良大会結果

校名 2014年秋 2015年春 2015年夏
天理 優勝 ベスト4 優勝
奈良大付 準優勝    
智弁学園 ベスト4    
奈良北 ベスト4 ベスト8  
奈良 ベスト8   ベスト4
郡山 ベスト8    
橿原 ベスト8    
御所実 ベスト8 ベスト4  
高田商   優勝 ベスト8
橿原学院   準優勝 ベスト8
桜井   ベスト8  
一条   ベスト8  
奈良女附   ベスト8  
大和広陵     準優勝
畝傍     ベスト4
関西中央     ベスト8
磯城野     ベスト8

2016年度奈良大会結果

校名 2015年秋 2016年春 2016年夏
智弁学園 優勝 優勝  
奈良大付 準優勝 ベスト4  
平城 ベスト4 ベスト8  
奈良 ベスト4    
関西中央 ベスト8 ベスト4  
天理 ベスト8 準優勝  
桜井 ベスト8    
西の京 ベスト8    
法隆寺国際   ベスト8  
五條   ベスト8  
登美ヶ丘   ベスト8  

過去の奈良大会の傾向

智弁学園と天理の「2強」のイメージが強い奈良大会ですが、夏の大会の決勝で両校が対戦したのはここ10年でわずか2回です。つまり、どちらがが勝ち上がればどちらかはベスト4以下となる、ということになります。今年は両校が勝ち進んだ場合決勝で当たる組み合わせですが、果たしてどうなるでしょうか。

1.過去3年の夏の大会のベスト4の延べ12校中、8校が秋季大会、春季大会のいずれかでベスト8以上

今大会のベスト4候補を、まずは智弁学園、奈良大付、平城、奈良、関西中央、天理、桜井、西の京、法隆寺国際、五條、登美ヶ丘の11校と考えたいと思います。

2.秋季大会ベスト8またはベスト4→春季大会ベスト8未満は夏の大会でベスト8以下
3.秋季大会ベスト8未満→春季大会ベスト8またはベスト4→夏の大会でベスト8以下(例外1校)

奈良、桜井、西の京、法隆寺国際、五條、登美ヶ丘の6校が割引です。

その他智弁学園天理については、ある程度春の成績が参考になるようです。

まとめ

2016年・奈良大会の優勝校予想

2016年夏の選手権・奈良大会組み合わせ

2016年夏の奈良大会を以下のとおり予想いたします。

◎(本命):智弁学園

過去3年のデータからも、センバツ優勝校の智弁学園が本命です。同ブロックに昨春ベスト8の高田商、昨夏ベスト4の奈良がおり気が抜けませんが、準決勝まではスムースに進出できそうです。

○(対抗):奈良大付

智弁学園天理との決勝戦となる確率が低いのであれば、対抗は奈良大付となるでしょう。過去10年で3回(うち智弁学園に2回)決勝戦で敗れており今年こそは初の選手権出場を果たしたいところです。同ブロックでは橿原大和広陵に注意です。

▲(単穴):関西中央

秋ベスト8、春ベスト4の関西中央も上位圏内。同じブロックに登美ヶ丘、郡山がいますが、何とか勝ちあがれそうです。

△(連下):天理、平城

昨年の代表校・天理と昨年の秋季大会で智弁学園と接戦を演じた平城も選手権出場を狙います。しかし各ブロックに散らばっている伏兵の台頭も十分に考えられ、例年以上に混戦模様です。


大会が順調に進めば奈良大会の決勝戦は7月28日(木)となります。果たしてどの学校が夏の甲子園行きの切符を手に入れるのでしょうか。

▼他地区大会の予想をご覧になる場合は下記ページよりどうぞ!
http://89news.me/kokoyakyu/3177