【2016選手権・夏の甲子園】新潟大会優勝校予想・展望

この記事をシェアする

2016年夏の新潟大会は7月8日(金)に開幕予定です。
ここでは、過去3年の地方大会の結果と傾向を元に、2016年夏の甲子園に出場する高校を予想いたします。
過去のデータから、思いもよらぬ伏兵が浮かび上がってくるかもしれません。

過去3年の新潟大会結果

2013年度新潟大会結果

校名 2012年秋 2013年春 2013年夏
日本文理 優勝 ベスト4 優勝
新潟県央工 準優勝 ベスト4  
五泉 ベスト4    
新潟明訓 ベスト4 ベスト8 ベスト8
新津南 ベスト8    
新発田 ベスト8   ベスト8
新発田中央 ベスト8 準優勝 ベスト8
北越 ベスト8    
村上桜ヶ丘   優勝 準優勝
  ベスト8 ベスト4
中越   ベスト8 ベスト8
新潟工   ベスト8 ベスト4

2014年度新潟大会結果

校名 2013年秋 2014年春 2014年夏
日本文理 優勝 優勝 優勝
新潟明訓 準優勝 準優勝 ベスト4
中越 ベスト4 ベスト8 ベスト8
三条 ベスト4    
高田商 ベスト8    
北越 ベスト8 ベスト8 ベスト4
佐渡 ベスト8    
村上 ベスト8    
新潟産大附   ベスト4  
新潟商   ベスト4  
新潟県央工   ベスト8 ベスト8
糸魚川白嶺   ベスト8  
関根学園     準優勝
糸魚川     ベスト8
帝京長岡     ベスト8

2015年度新潟大会結果

校名 2014年秋 2015年春 2015年夏
中越 優勝 優勝 優勝
日本文理 準優勝   準優勝
北越 ベスト4   ベスト8
ベスト4    
新潟 ベスト8   ベスト4
小出 ベスト8   ベスト4
加茂暁星 ベスト8 ベスト8  
六日町 ベスト8    
新潟県央工   準優勝  
十日町   ベスト4  
上越   ベスト4  
村上桜ヶ丘   ベスト8 ベスト8
開志学園   ベスト8  
新発田農   ベスト8  
関根学園     ベスト8
帝京長岡     ベスト8

2016年度新潟大会結果

校名 2015年秋 2016年春 2016年夏
日本文理 優勝    
村上桜ヶ丘 準優勝    
東京学館新潟 ベスト4    
五泉 ベスト4    
新潟県央工 ベスト8    
糸魚川 ベスト8    
新潟明訓 ベスト8 優勝  
新潟商 ベスト8    
北越   準優勝  
長岡大手   ベスト4  
長岡工   ベスト4  
新発田南   ベスト8  
加茂暁星   ベスト8  
帝京長岡   ベスト8  
新津   ベスト8  

過去の新潟大会の傾向

年々混戦となってきている新潟大会。今季は秋季大会のベスト8と春季大会のベスト8が、春季大会優勝の新潟明訓を除き7校が入れ替わりました。春季大会3回戦で不覚をとった日本文理がノーシードでの出場となり、混戦ぶりに拍車がかかりました。

1.過去3年の夏の大会ベスト4の延べ12校中11校が秋春いずれかでベスト8以上

日本文理、村上桜ヶ丘、東京学館新潟、五泉、新潟県央工、糸魚川、新潟明訓、新潟商、北越、長岡大手、長岡工、新発田南、加茂暁星、帝京長岡、新津の11校が対象です。

2.過去3年の秋季大会ベスト8→春季大会ベスト8未満の延べ9校中6校が夏ベスト8未満(但し2校はベスト4)

新潟県央工、糸魚川、新潟商の3校にわずかに不利なデータです。

3.過去3年の秋季大会ベスト4の延べ6校は全て夏の大会ベスト8以下

東京学館新潟、五泉が割引です。

4.過去3年の秋季大会ベスト8未満→春季大会ベスト4の延べ4校は全て夏ベスト8未満

長岡大手、長岡工が割引です。

5.過去3年の秋季大会ベスト8未満→春季大会ベスト8の8校のうち3校がベスト8、2校がベスト4

これは若干評価しても良いのではないでしょうか。新発田南、加茂暁星、帝京長岡、新津の4校が対象です。

6.秋季大会の優勝校が3年連続夏も優勝
7.春季大会の優勝校は優勝2回、準優勝1回(但し優勝の2校は秋も優勝)

日本文理、新潟明訓に若干プラスです。

まとめ

混戦模様の新潟大会ですが日本文理、村上桜ヶ丘、新潟明訓の3校が中心となりそうです。。

2016年・新潟大会の優勝校予想

2016年夏の選手権・新潟大会組み合わせ

2016年夏の新潟大会を以下のとおり予想いたします。

◎(本命):新潟明訓

過去のデータにマイナス要素の少ない新潟明訓を本命と見ます。秋季大会は五泉に敗れベスト8止まりでしたが春季大会を制覇。春季北信越大会でもベスト4に入り、実力的にも最右翼です。

○(対抗):日本文理

秋季大会の覇者・日本文理が対抗格です。春季大会で苦杯を舐めノーシードで大会を迎えますが、過去のデータの後押しもあり、また実力的には遜色ありません。問題は、対戦相手です。2回戦で秋ベスト4の東京学館新潟と対戦することが濃厚です。さらに3回戦ではシード校・見附が、4回戦では秋準優勝の村上桜ヶ丘が待ち構えます。

▲(単穴):村上桜ヶ丘

村上桜ヶ丘も上位進出の可能性大です。4回戦で対戦することが濃厚な日本文理を破ることができれば、一気に甲子園が近づきます。

△(連下):新潟商、帝京長岡

秋ベスト8の新潟商、春ベスト8のの帝京長岡も上位を狙います。過去のデータでマイナス面も少なく一気の上位進出もあり得ます。新潟商新発田南と当たることが有力な2回戦を無事クリアしたいところ。


大会が順調に進めば新潟大会の決勝戦は7月24日(日)となります。果たしてどの学校が夏の甲子園行きの切符を手に入れるのでしょうか。

▼他地区大会の予想をご覧になる場合は下記ページよりどうぞ!
http://89news.me/kokoyakyu/3177