【2016選手権・夏の甲子園】千葉大会優勝校予想・展望

この記事をシェアする

2016年夏の千葉大会は7月12日(火)に開幕予定です。
ここでは、過去3年の地方大会の結果と傾向を元に、2016年夏の甲子園に出場する高校を予想いたします。
過去のデータから、思いもよらぬ伏兵が浮かび上がってくるかもしれません。

過去3年の千葉大会結果

2013年度千葉大会結果

校名 2012年秋 2013年春 2013年夏
習志野 優勝 ベスト8 準優勝
銚子商 準優勝 ベスト4  
専大松戸 ベスト4 準優勝 ベスト4
東海大望洋 ベスト4 優勝 ベスト4
千葉英和 ベスト8 ベスト4  
中央学院 ベスト8    
市船橋 ベスト8 ベスト8  
流経大柏 ベスト8    
木更津総合   ベスト8 優勝
西武台千葉   ベスト8  
成田     ベスト8
千葉明徳     ベスト8
拓大紅陵     ベスト8
京葉     ベスト8

2014年度千葉大会結果

校名 2013年秋 2014年春 2014年夏
習志野 優勝    
千葉経大附 準優勝 ベスト4  
千葉黎明 ベスト4    
市船橋 ベスト4    
柏日体 ベスト8   ベスト4
船橋北 ベスト8 ベスト8  
専大松戸 ベスト8 優勝 準優勝
検見川 ベスト8    
東海大浦安   準優勝 ベスト4
松戸国際   ベスト4  
千葉明徳   ベスト8  
千葉英和   ベスト8  
東海大望洋   ベスト8 優勝
流経大柏     ベスト8
国分     ベスト8
木更津総合     ベスト8
中央学院     ベスト8

2015年度千葉大会結果

校名 2014年秋 2015年春 2015年夏
木更津総合 優勝   ベスト4
松戸国際 準優勝    
千葉黎明 ベスト4    
市船橋 ベスト4    
日大習志野 ベスト8    
習志野 ベスト8   準優勝
千葉敬愛 ベスト8 ベスト4  
千葉商大付 ベスト8   ベスト8
専大松戸   優勝 優勝
沼南   準優勝  
市松戸   ベスト4  
柏南   ベスト8  
拓大紅陵   ベスト8 ベスト8
市銚子   ベスト8  
千葉明徳   ベスト8  
中央学院     ベスト4
成田     ベスト8
多古     ベスト8

2016年度千葉大会結果

校名 2015年秋 2016年春 2016年夏
木更津総合 優勝 ベスト8  
千葉明徳 準優勝 ベスト8  
東京学館浦安 ベスト4 ベスト8  
専大松戸 ベスト4    
稲毛 ベスト8    
千葉経大附 ベスト8 ベスト4  
千葉黎明 ベスト8 準優勝  
市船橋 ベスト8    
東海大市原望洋   優勝  
成田   ベスト4  
松戸国際   ベスト8  

過去の千葉大会の傾向

1.夏の大会でベスト4に残るには春ベスト8以上(延べ12校中8校)

過去3年間でベスト4に入った延べ12校中8校が春季大会でベスト8に入っています。残り4校中3校も秋ベスト8以上。夏を迎えて急上昇のチームが上位に食い込むのは難しそうです。
木更津総合千葉明徳東京学館浦安専大松戸稲毛千葉経大附千葉黎明市船橋東海大市原望洋成田松戸国際が該当。

2.秋ベスト4、春ベスト16未満は夏もベスト16未満
3.秋ベスト8未満、春ベスト4は夏ベスト16未満

専大松戸成田に当てはまります。2校はやや減点。

4.秋の準優勝校は夏はベスト8以下

千葉明徳に当てはまります。

5.春の準優勝校は夏の優勝なし。最高ベスト4

千葉黎明やや減点。

6.秋春の優勝校は6校中4校がベスト4以上

木更津総合東海大市原望洋にプラスのデータです。

まとめ

170チームが参加する今大会も、秋と春の優勝校を中心とした展開になりそうです。秋の関東大会を制した木更津総合、好投手を擁する東海大市原望洋が傾向的にも実力的にも中心です。

2016年・千葉大会の優勝校予想

2016年夏の選手権・千葉大会組み合わせ

2016年夏の千葉大会を以下のとおり予想いたします。

◎(本命):東海大市原望洋

好投手を擁するから、というよりは過去3年の傾向を踏まえ、東海大市原望洋を本命視します。過去3年、春の大会の優勝校は全てベスト4以上の結果を残しています。また、過去3年の夏の大会の優勝校は秋より春の大会で上位に残っています。

○(対抗):東京学館浦安

2番手は東京学館浦安です。しばらく低迷気味でしたが今期は秋ベスト4、夏ベスト8と安定した戦績を残しています。今回はやや楽なブロックに入り、上位進出が期待できそうです。

▲(単穴):松戸国際

続いては松戸国際を抜擢。ここ数年、上位進出が目立ってきた学校です。秋ベスト8未満→春ベスト8のパターンは、2013年夏の木更津総合、2014年夏の東海大望洋と同じ。今大会で唯一このパターンにあてはまる松戸国際に期待です。

△(連下):木更津総合千葉黎明

2015年秋の千葉大会、関東大会を制しセンバツに出場した木更津総合、2016年春の準優勝校、千葉黎明も十分に力があります。ここ3年、秋の優勝校が夏の大会を制していないことから木更津総合の評価をやや下げましたが、実力的には春夏連続で甲子園に出場してもおかしくありません。


大会が順調に進めば千葉大会の決勝戦は7月25日(月)となります。果たしてどの学校が夏の甲子園行きの切符を手に入れるのでしょうか。

▼他地区大会の予想をご覧になる場合は下記ページよりどうぞ!
http://89news.me/kokoyakyu/3177