2014センバツ優勝メンバー・佐々木翔斗選手(龍谷大平安)がボートレーサーデビュー

この記事をシェアする

2014年のセンバツで優勝した龍谷大平安のメンバー佐々木翔斗選手がボートレーサー(競艇選手)として本日5月3日、ボートレース住之江(住之江競艇場)でデビューします!

suminoe

佐々木翔斗選手が出場する1レースは、15時10分ごろ開始予定です。
佐々木翔斗選手は6号艇に乗艇し、緑色のカポックを着てデビュー戦に臨みます。

佐々木翔斗選手は2014年のセンバツで背番号14を着け三塁ランナーコーチとして活躍。ピンチのときには伝令としてマウンドに向かい、ピッチャーを励ましてきました。

20160501090948heianwsta

(出典:京都新聞

佐々木翔斗選手は高校卒業後の2015年4月、ボートレーサーを要請する福岡県柳川市のやまと学校にスポーツ推薦枠で入学。以降1年に渡って訓練を受けてきました。2015年の11月、訓練中に骨折し、2ヶ月間ボートに乗れない時期もありましたが、それを乗り越え、無事選手としてデビューします。

佐々木翔斗選手は身長165cm、体重は60kg(2014年センバツ時の登録)と小柄な体格ですので、ボートレーサーに向いているとはいえるのですが、本日5月3日の出走時に発表されている体重は54.3kgとなっており、1年間で減量したものと思われます。

※ボートレースでは体重が軽いほうが有利といわれており、男子選手の体重の下限は51kg(2016年5月現在)となっています。体重が51kgに満たない場合は重りを着けて調節します。

激しい練習をしていた高校時代は体重など気にせず(むしろ増やす目的で)食事をしていたのだと思いますが、一転して苦しい減量生活となっています。

しかし佐々木翔斗選手には、名門・龍谷大平安でプレイし、全国優勝したという貴重な経験を持っています。その経験で減量苦も乗り越えてきっと一流のボートレーサーとなってくれるでしょう。

20160501090915heian

(出典:京都新聞

ボートレース場は、群馬県桐生市から長崎県の大村市まで、全国に24ヶ所あります。あなたの街の近くに佐々木翔斗選手がやってきたら、是非応援に行きましょう!

ボートレースオフィシャルサイト