【2016センバツ】準々決勝・智弁学園-滋賀学園の見どころ・展望

この記事をシェアする

第88回選抜高等学校野球大会・準々決勝第一試合は
智弁学園(奈良)-滋賀学園(滋賀)の対戦です。

今大会の成績

智弁学園

▼投手成績

  回数 打者 球数
村上頌樹 18 74 279
  安打 三振 四死球
16 14 5
  失点 自責点 防御率
1 1 0.50

2回戦・鹿児島実戦では立ち上がりを攻められ1点を失ったものの、2回以降は追加点を許しませんでした。1回戦と合わせ18イニング投げて1失点と今大会でもトップクラスの出来です。

▼打撃成績

  打数 得点 安打 打点
智弁学園 56 8 14 7
  三振 四死球 犠打 盗塁
10 8 5 4
  失策 打率
1 0.250

4番の福元悠真選手、5番の高橋直暉選手に当たりが出ています。トップバッターの納大地選手が2試合で6打数ノーヒットと元気がありません。

滋賀学園

▼投手成績

  回数 打者 球数
神村月光 17 2/3 75 217
  安打 三振 四死球
15 14 6
  失点 自責点 防御率
6 2 1.02
  回数 打者 球数
棚原孝太 0 1/3 1 3
  安打 三振 四死球
0 0 0
  失点 自責点 防御率
0 0 0.00

エースの神村月光投手は2回戦でも好投し、釜石打線をヒット4本に抑えました。1回戦とはうってかわって打たせて取るピッチングを見せてくれました。

▼打撃成績

  打数 得点 安打 打点
滋賀学園 84 14 30 13
  三振 四死球 犠打 盗塁
8 4 4 1
  失策 打率
2 0.357

2回戦の釜石戦では1回戦に続いての2ケタ安打を放ち、打線も好調です。2番を打つ井川翔選手、3番の後藤克基選手、4番の馬越大地選手が打率5割越えです。

注目選手

智弁学園:村上頌樹投手

2試合で1失点と安定したピッチングを見せています。打線好調の滋賀学園打線をどう料理するでしょうか。

滋賀学園:神村月光投手

こちらも2試合で自責点2と好投を続けています。智弁学園の中軸とどう相対するでしょうか。

見どころ・展望

両チームともエースが好投を続けており、投手力は互角といっていいでしょう。

打線は滋賀学園のほうが好調です。2試合とも2ケタ安打を放ち、特に中軸に当たりがでています。

この試合、智弁学園の村上頌樹投手の出来がポイントとなるでしょう。ここは好調の滋賀学園打線が村上投手を攻略し、優位に試合を進めるでしょう。

智弁学園はトップバッターの納選手に当たりがほしいところです。