【2016センバツ】2回戦・海星-敦賀気比の見どころ・展望

この記事をシェアする

第88回選抜高等学校野球大会・8日目第三試合は
海星(長崎)-敦賀気比(福井)の対戦(2回戦)です。

1回戦の成績

海星

▼投手成績

  回数 打者 球数
春田剛志 7 27 95
  安打 三振 四死球
2 4 4
  失点 自責点 防御率
2 2 2.51
  回数 打者 球数
土谷一志 2 8 24
  安打 三振 四死球
1 0 0
  失点 自責点 防御率
0 0 0.00

エースの春田剛志投手、1回戦では被安打こそ2でしたが与四球4と安定感を欠いていました。救援の土谷一志投手は2回を投げ被安打1と、役割を果たしました。

▼打撃成績

  打数 得点 安打 打点
海星 28 3 3 3
  三振 四死球 犠打 盗塁
6 3 0 2
  失策 打率
1 0.107

長田・園田涼輔投手の前にわずか3安打と、打撃陣はいいところ無しでした。

敦賀気比

▼投手成績

  回数 打者 球数
山崎颯一郎 9 32 127
  安打 三振 四死球
4 9 2
  失点 自責点 防御率
0 0 0.00

エースの山崎颯一郎投手、1回戦では青森山田打線に対し被安打4、奪三振9で無失点と好投を見せました。

▼打撃成績

  打数 得点 安打 打点
敦賀気比 24 1 3 1
  三振 四死球 犠打 盗塁
4 5 2 0
  失策 打率
1 0.125

青森山田の堀岡隼人投手に要所を締められわずかに1得点でした。

注目選手

海星で注目したいのはは土谷一志投手です。元々、エースとして期待されていたのですが、右ひじじん帯断裂で戦列を離れていました。秋には復帰し、先日の1回戦では好投を見せました。土谷投手の復活は海星にとって大きいです。

敦賀気比はエースの山崎颯一郎投手に注目です。1回戦では青森山田を完封し、前評判に違わぬピッチングを見せました。

見どころ・展望

1回戦ではともに競り勝った両校ですが、相手投手の好投により打線は低調でした。
「打線は水もの」とは言いますが不安材料です。

この試合。海星は早めの継投となるでしょう。土谷一志投手をどのタイミングで出すかが注目ポイントのひとつです。土谷投手の先発まであると読んでいます。

しかしながらこの試合、チーム力の比較で上回る敦賀気比が有利でしょう。海星の土谷投手の出来が試合を左右しそうです。