【2016センバツ】2回戦・龍谷大平安-八戸学院光星の見どころ・展望

この記事をシェアする

第88回選抜高等学校野球大会・7日目第一試合は
龍谷大平安(京都)-八戸学院光星(青森)の対戦(2回戦)です。

1回戦の成績

龍谷大平安

▼投手成績

  回数 打者 球数
市岡奏馬 9 33 127
  安打 三振 四死球
6 7 2
  失点 自責点 防御率
1 1 1.00

1回戦では明徳義塾を相手に、被安打6、自責点1、要所をきちんと抑える好投を見せました。

▼打撃成績

  打数 得点 安打 打点
龍谷大平安 38 7 15 7
  三振 四死球 犠打 盗塁
4 3 0 0
  失策 打率
1 0.395

明徳義塾の投手陣に15安打を浴びせ、7点を取りエース・市岡奏馬投手を援護しました。8番・竹内良典選手は4打数4安打4打点と大当たりでした。

八戸学院光星

▼投手成績

  回数 打者 球数
桜井一樹 9 37 140
  安打 三振 四死球
7 9 3
  失点 自責点 防御率
2 2 2.00

1回戦では開星打線を相手に7安打2失点とまずまずのピッチングを見せました。立ち上がりこそやや不安定でしたが中盤から後半にかけては安定したピッチングを見せてくれました。

▼打撃成績

  打数 得点 安打 打点
八戸学院光星 30 6 10 6
  三振 四死球 犠打 盗塁
3 4 1 0
  失策 打率
0 0.333

1回戦では開星の吉川貴大投手に10安打を浴びせました。上位~下位まで満遍なくヒットが出ましたが、特に上位打線に当たりが出ているのが頼もしいです。

注目選手

龍谷大平安では、1回戦で投打ともに活躍を見せた市岡奏馬投手に再注目です。明徳義塾打線を相手に安定したピッチングを見せましたが、果たして2回戦ではどのようなピッチングを見せてくれるでしょうか。

初戦で4打数4安打の8番・竹内良典選手にも注目です。

八戸学院光星で注目したいのは3番を打つ田城飛翔選手です。
初戦ではスタメンで唯一得点に絡むことができなかった田城選手の巻き返しに期待です。

展望・見どころ

初戦を数字だけで比較しますと龍谷大平安が上回っておりますがチーム力はほぼ互角だと見ています。

龍谷大平安で気になるのが、昨秋は3人だった投手の登録が今大会では5人に増えているということです。1回戦では好投を見せた市岡投手、実は状態が安定していないのではないでしょうか。相手が上がる2回戦では果たして…。

であれば、組み替えた打線が1回戦で一定の結果を出した八戸学院光星が有利と見ます。上位~下位まで満遍なく当たりが出ている事実にも好感が持てます。