【2016センバツ】数値から見る出場校戦力分析~関東・東京編~

この記事をシェアする

2016年3月20日に開幕する第88回選抜高等学校野球大会の出場校の戦力分析を行いました。

今回は「関東・東京編」です。木更津総合、常総学院、桐生第一、東海大甲府、花咲徳栄、関東一の6校が対象となります。

なお、データは報知高校野球3月号のものを使用しています。
数字は全て秋季の公式戦と練習試合の合計です。本塁打、三振、四死球、犠打、盗塁、失策は1試合平均の数字です。「順位」は出場32校の中での順位を表しています。

■木更津総合(千葉)

チーム防御率 順位 本塁打 順位 三振 順位 四死球 順位
1.38 1 0.17 25 2.78 14 4.22 11
チーム打率 順位 犠打 順位 盗塁 順位 失策 順位
0.328 18 2.93 1 2.02 8 0.63 7

秋季千葉大会、そして関東大会を制した木更津総合、チーム防御率と平均犠打数で出場校中トップです。平均盗塁数、平均失策数も上位で、チームとしての総合力の高さがうかがえます。

エース・早川は122回を投げて奪三振128、防御率0.81と、数値的には三振が取れて崩れにくい特徴があります。

反面、打撃面の数値は平均的なものとなっており、チームカラーとしては投手を中心とした守りのチームのように見えます。

早川、武田の両投手が計算できますので、打撃陣が奮起さえすれば上位を狙える好チームです。優勝候補の一角と言って良いでしょう。

■常総学院(茨城)

チーム防御率 順位 本塁打 順位 三振 順位 四死球 順位
1.75 10 0.22 21 2.57 8 4.32 9
チーム打率 順位 犠打 順位 盗塁 順位 失策 順位
0.345 13 1.42 28 1.79 14 0.69 8

秋季茨城大会、関東大会ともに準優勝の常総学院は数値的に見ますと投手・守備のディフェンス面は上位ですが攻撃面では若干の物足りなさがあります。

注目のエース左腕・鈴木は約130イニングで奪三振数が127、防御率は1.31(公式戦に限ると0.89)と、今大会でも上位のピッチャーです。

数値的に若干物足りない打撃陣ではありますが、4番を打つ2年生の宮里には注目です。秋の打率は.432(公式戦に限ると.520)、5本塁打と大活躍。

投手陣は十分に計算が立ちますので、打撃陣の奮起次第では十分上位を狙えるでしょう。

■桐生第一(群馬)

チーム防御率 順位 本塁打 順位 三振 順位 四死球 順位
1.56 3 0.10 27 2.71 13 2.84 30
チーム打率 順位 犠打 順位 盗塁 順位 失策 順位
0.348 9 2.37 7 2.02 9 0.97 17

秋季群馬大会準優勝、関東大会では準決勝で常総学院に敗れた桐生第一は、チーム防御率が出場32校中3位、チーム打率が9位とチーム力の高さがうかがえます。

また犠打数で7位、盗塁数で9位ですので、確実な進塁、積極的な走塁で相手にプレッシャーをかけ、手堅く得点するスタイルなのでしょう。

注目はエースの左腕・内池。秋は148イニング投げて奪三振149、防御率1.22と好投しました。

手堅い攻撃スタイルがはまれば、今大会の台風の目になりそうな一校です。

■東海大甲府(山梨)

チーム防御率 順位 本塁打 順位 三振 順位 四死球 順位
1.77 11 0.18 24 2.39 4 3.97 17
チーム打率 順位 犠打 順位 盗塁 順位 失策 順位
0.335 16 2.18 11 2.33 5 0.85 15

秋季山梨大会を制し、関東大会では優勝した木更津総合に惜しくも準決勝で敗れた東海大甲府ですが、数値的には全体的に平均をやや上回っており、バランスの取れたチームといえるでしょう。

投手陣は昨夏の選手権を経験した、菊地、松葉の両右腕が中心です。関東大会の準々決勝、準決勝では松葉が好投を見せましたので、菊地の復調があれば今大会でも上位の投手陣となります。

数値的には平均近くながらも、秋の成績は練習試合含めわずか3敗と、勝負強さが見て取れます。投手陣の活躍次第で上位が狙えそうです。

■花咲徳栄(埼玉)

チーム防御率 順位 本塁打 順位 三振 順位 四死球 順位
2.55 24 0.41 10 3.57 26 4.15 12
チーム打率 順位 犠打 順位 盗塁 順位 失策 順位
0.307 25 1.24 32 1.63 17 1.11 21

秋季埼玉大会準優勝の花咲徳栄、関東大会ではベスト8止まりでしたが今回のセンバツに選出されました。

数値的には特筆すべきところはありませんが、関東大会では優勝校の木更津総合と互角の試合を行い、チーム力の高さを見せ付けました。

特に注目は、最速145キロのエース・高橋昂也です。昨秋は109イニングを投げ135奪三振。球速だけではなく、しっかりと三振を取れる好投手です。

昨夏の選手権を経験したバッテリーがチームを引っ張ることができれば、花咲徳栄の上位進出の目が出てきます。まずは高橋昂也の出来に注目です。

■関東一(東京)

チーム防御率 順位 本塁打 順位 三振 順位 四死球 順位
1.56 4 0.37 14 2.70 11 3.98 16
チーム打率 順位 犠打 順位 盗塁 順位 失策 順位
0.333 17 1.81 18 1.19 23 0.77 11

秋季東京大会を制し、神宮大会では惜しくも初戦で敗退した関東一高、出場校中4位のチーム防御率が光ります。

右腕の河合、竹井と左腕の佐藤は投球回数もほぼ同じ、防御率も全員1点台と実力的には互角といえるでしょう。

攻撃陣は数値的にはほぼ平均ですが、昨秋の東京大会では修徳、帝京をコールドで破っており、高い攻撃力を持っているといえるでしょう。

投手陣が数値通りの活躍を見せれば、十分に上位進出が狙えるでしょう。

▼「数値で戦力分析」シリーズ

【2016センバツ】数値から見る出場校戦力分析~21世紀枠編~
2016年3月20日に開幕する第88回選抜高等学校野球大会の出場校の戦力分析を行いました。 今回は「21世紀枠編」です。釜...
【2016センバツ】数値から見る出場校戦力分析~北海道・東北編~
2016年3月20日に開幕する第88回選抜高等学校野球大会の出場校の戦力分析を行いました。 今回は「北海道・東北編」です。...
【2016センバツ】数値から見る出場校戦力分析~関東・東京編~
2016年3月20日に開幕する第88回選抜高等学校野球大会の出場校の戦力分析を行いました。 今回は「関東・東京編」です。木...
【2016センバツ】数値から見る出場校戦力分析~北信越・東海編~
2016年3月20日に開幕する第88回選抜高等学校野球大会の出場校の戦力分析を行いました。 今回は「北信越・東海編」です。...
【2016センバツ】数値から見る出場校戦力分析~近畿編~
2016年3月20日に開幕する第88回選抜高等学校野球大会の出場校の戦力分析を行いました。 今回は「近畿編」です。大阪桐蔭...
【2016センバツ】数値から見る出場校戦力分析~中国・四国編~
2016年3月20日に開幕する第88回選抜高等学校野球大会の出場校の戦力分析を行いました。 今回は「中国・四国編」です。創...
【2016センバツ】数値から見る出場校戦力分析~九州編~
2016年3月20日に開幕する第88回選抜高等学校野球大会の出場校の戦力分析を行いました。 今回は「九州編」です。秀岳館、...