【高校野球】秋季中国大会組み合わせ決定!!そして日本一早い優勝校予想。 #kokoyakyu

この記事をシェアする

平成25年10月25日(金)より行われる秋季中国地区高等学校野球大会の
組み合わせが決まりました。

出雲西(島根2)-岡山理大付(岡山4)
創志学園(岡山1)-高川学園(山口2)

鳥取城北(鳥取1)-広陵(広島3)
岩美(鳥取3)-広島新庄(広島1)

岩国(山口1)-鳥取商(鳥取2)
崇徳(広島2)-宇部商(山口3)

大東(島根3)-倉敷商(岡山2)
岡山県共生(岡山3)-大社(島根1)

中国勢のセンバツ出場校数について

中国からは2校~3校の出場となります。
3校目は四国地方の3校目と比較して決定します。
中国・四国で計5校の出場です。
つまり、センバツ出場を確実なものにするには、決勝戦進出が条件です。

注目は?

組み合わせを見ての感想は、随分偏ったなあと。
ブロックを上からA、B、C、Dと呼びますと
Bブロックは鳥取と広島だけ、Dブロックは島根と岡山だけです。

そんな中注目したいのは岡山4位の岡山理大付です。
開催県ということで、県4位ながら中国大会に出場できるわけですが
力量は上位校と差がないと見ます。

ズバリ!!センバツ出場校は!?

ベスト4を以下の通り予想します。

創志学園(岡山1)
鳥取城北(鳥取1)
崇徳(広島2)
倉敷商(岡山2)

そして、創志学園、崇徳が決勝に残りセンバツ出場、
もう1校は四国との兼ね合いとなりますが、
中国地方から選ばれる場合は鳥取城北と予想します。