【2013夏の甲子園】(個人成績つき)準決勝第1試合・日大山形-前橋育英の見どころ・展望 #kokoyakyu

この記事をシェアする

第95回全国高校野球選手権大会・13日目(8月21日)準決勝第一試合は
日大山形(山形)と前橋育英(群馬)の対戦です。

今大会の両校の戦績

《日大山形》

2回戦 7-1 日大三
3回戦 5-2 作新学院
準々決勝 4-3明徳義塾

夏の選手権の優勝経験のある3校を破っての準決勝進出です。

《前橋育英》

1回戦 1-0 岩国商
2回戦 1-0 樟南
3回戦 7-1 横浜
準々決勝 3-2 常総学院

こちらも夏の選手権の優勝経験を持つ横浜、常総学院を破っての準決勝進出です。

個人別成績

《日大山形》

選手名 打数 得点 安打 打点 三振 四死 犠打 盗塁 失策 本塁打
1 庄司 瑞 10 3 4 1 2 1 1 0 0 0 0.400
2 浅沼 孝紀 12 0 5 4 2 0 1 0 0 0 0.417
3 吉岡 佑晟 13 1 3 1 1 0 0 0 0 0 0.231
4 中野 拓夢 12 3 2 2 2 0 2 0 0 0 0.167
5 板坂 紘貴 9 1 3 0 0 1 2 0 0 0 0.333
6 ◎奥村 展征 8 2 2 3 3 5 0 0 0 1 0.250
7 峯田 隼之介 11 2 3 1 0 1 1 0 0 0 0.273
8 青木 龍成 14 3 6 2 1 0 1 0 0 0 0.429
9 武田 匠平 11 1 2 2 3 1 0 0 0 0 0.182
10 斎藤 涼汰
11 佐藤 和将
12 熊坂 明紀
13 水戸 卓
14 池田 優貴
15 鈴木 雄大
16 安食 文哉 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1.000
17 三浦 惇
18 佐藤 大公
101 16 31 16 14 9 8 0 0 1 0.307
選手名 投球回数 打者数 投球数 被安打 被本塁打 奪三振 与四死球 失点 自責点 防御率
1 庄司 瑞 27 109 444 17 2 20 16 6 6 2.00

《前橋育英》

選手名 打数 得点 安打 打点 三振 四死 犠打 盗塁 失策 本塁打
1 高橋 光成 13 0 5 4 4 0 0 0 1 0 0.385
2 小川 駿輝 14 3 7 2 2 1 1 0 1 0 0.500
3 楠 裕貴 9 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0.000
4 高橋 知也 10 1 2 1 4 2 2 0 0 0 0.200
5 ◎荒井 海斗 16 1 2 1 3 0 0 0 0 0 0.125
6 土谷 恵介 17 2 4 1 3 0 0 1 2 0 0.235
7 田村 駿人 13 2 3 1 4 1 2 0 0 1 0.231
8 工藤 陽平 17 1 6 1 1 1 0 0 0 1 0.353
9 板垣 文哉 11 2 3 0 1 1 2 0 0 0 0.273
10 喜多川 省吾 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0.000
11 井古田 大輔
12 竹内 良太
13 富田 恭輔 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000
14 内田 祥司 5 0 1 0 2 0 1 0 1 0 0.200
15 板橋 達弥
16 小野 拓真
17 若松 徹也
18 須川 良紀
127 12 33 11 29 6 8 1 5 2 0.260
選手名 投球回数 打者数 投球数 被安打 被本塁打 奪三振 与四死球 失点 自責点 防御率
1 高橋 光成 32 97 377 18 0 24 5 1 0 0.00
10 喜多川 省吾 5 22 71 3 0 0 3 2 2 3.60
37 119 448 21 0 24 8 3 2 0.49

投手起用は?

甲子園の常連校を3校破り準決勝進出の日大山形、
ここまで来たら、エース・庄司瑞に全てを賭ける?
いや、目標を「日本一」に修正した荒木準也監督、
翌日の決勝戦を見据えての投手起用も考えられます。
打線にやや元気のない前橋育英が相手なだけに、
10番・斎藤涼汰、11番・佐藤和将が先発する可能性もあるでしょう。

対する前橋育英は常総学院戦で5回を被安打3、2失点と好投した喜多川省吾、
エース・高橋光成(こうな)の先発は五分五分と見ます。
相手が打撃好調の日大山形ということで、投手起用が大きなカギを握るでしょう。果たして荒井直樹監督の決断は?

試合展望

試合ごとに失点が増えている日大山形のエース・庄司瑞が
日大三戦、明徳義塾戦のように四死球を多く与える展開となりますと
苦しい試合となるでしょう。
少々元気のない前橋育英打線としては、
多少疲れの見え始めた庄司の球をしっかりと見極めたいところです。
打撃好調の日大山形打線は4番奥村展征、5番吉岡佑晟の復調が待たれます。
下位打線が当たっているだけに、中軸に1本出れば試合の主導権を容易に握れます。

ズバリ、3点勝負とみましたが、翌日の決勝戦を意識しすぎると思わぬ大差となることも考えられます。
どちらにしましても、前橋育英がやや有利とみます。