【2013夏の甲子園】準々決勝第4試合・富山第一-延岡学園の見どころ・展望 #kokoyakyu

この記事をシェアする

第95回全国高校野球選手権大会・12日目(8月19日)準々決勝第四試合は
富山第一(富山)と延岡学園(宮崎)の対戦です。

富山第一のエース・宮本幸治は2試合連続完封!!

初戦の秋田商戦では被安打7、奪三振10、与四死球3で完封、
3回戦の木更津総合戦では被安打3、奪三振10、与四死球5で完封と
2試合連続完封の好投を見せています。

層の厚い投手陣

今大会は背番号1の宮本幸治のみの登板ですが
左腕・石川達弥、右横手投げの梶尾郁彰、右下手投げの長谷川聖弥と
タイプの異なる3投手が控えています。
投球回数こそ少ないものの3人とも富山大会での失点は0です。

富山第一の持ち味は集中打!!

秋田商戦の4回、7回や木更津総合戦での6回のような集中打が持ち味です。
派手さこそありませんが、切れ目の少ない打線です。

富山第一・黒田監督は甲子園3勝が目標

 甲子園初出場初勝利は伝説の序章に過ぎない。「甲子園に出ることが終着点ではなく、通過点にするため」という理由で早くから全国3勝の大目標をぶち上げてきた黒田監督は「ここぞという試合できっちり合わせられるのは、さすがエース」と宮本を絶賛。そんな指揮官の心意気に魅了されて富山第一の門をたたいた右腕は、「新しい学校で富山に革命を起こしたい!」と宣言。3勝し、富山県初の夏4強へ。絶対エース・宮本がその旗頭となる。 (スポーツ報知より引用)

対するは、勢いのある聖愛を完封した延岡学園

3回戦の聖愛戦は先発した背番号10・延岡学園・奈須怜斗が
聖愛打線を8回6安打無失点と好投。
2番手で登板した2年生・井手一郎も最終回でいいピッチングを見せ、
エース・横瀬貴広を温存しました。
連戦となりますので、エースを温存できたことは非常に大きいです。

エース・横瀬貴広のピッチングは?

初戦の自由ケ丘戦で2番手で登板し、6回を投げ被安打3、奪三振5、
与四死球1、失点0と申し分ないピッチングを見せました。
宮崎大会前に戦列を離れた経験豊富な左腕・上米良有汰の穴を全く感じさせません。

延岡学園打線の評価

自由ケ丘戦では10安打、聖愛戦では13安打を2試合とも2桁安打を記録しています。
5番・浜田晋太朗が7打数4安打、8番・柳瀬直也が7打数5安打と特に当たっています。
主砲・岩重章仁も10打数4安打とまずまずの成績です。

試合展開は?

下馬評の低さを跳ね返し、投手陣の好投と勢いのある打線で勝ちあがったチーム同士の対戦です。
富山第一のエース・宮本幸治投手の安定感から富山第一優位と見ます。
富山県勢は夏の大会はベスト8(1947年高岡商、1958年魚津、1967年富山商、1969年富山北部、1973年富山商)、
が最高ですが、ここを勝って県勢最高成績を更新したいところです。
延岡学園はまず宮本から一点先取して、主導権を握りたいところです。