「都立の星」慶應の関根智輝(都立城東出身)がプロ注目の東大・宮台に投げ勝ち初登板初勝利!

この記事をシェアする

【東京六大学野球春季リーグ戦第2週第1日】2017年4月15日に行われた慶應義塾大学と東京大学の一戦は9-5で慶應義塾大学が勝利しました。

「都立の星」関根智輝(1年・城東)が初登板初勝利!

(出典:デイリースポーツオンライン

慶應義塾大学は、昨年「都立の星」として注目された都立城東出身の関根智輝投手(1年)が先発。5回を投げ5安打1失点と好投を見せ、プロ注目の東京大学・宮台康平投手(4年・湘南)に投げ勝ちました。

昨年までのエース・加藤拓也投手(現広島東洋カープ)が抜け、投手陣に不安を残しての開幕となった慶應義塾大学でしたが、「都立の星」の好投で投手起用に目途が立ちました。

今回のこの好投で、関根投手は今後も先発として起用されることが予想されます。高校時代には中軸を打っていた関根投手のバッティングにも注目したいところです。

慶應義塾大学には昨夏の選手権で準優勝した北海のエース・大西健斗投手や、「杉田玄白の子孫」として話題になった長谷部銀次投手(中京大中京)といった好投手も進学しており、関根智輝と良いライバル関係を築いていきそうです。