元横浜ドラフト1位・田中一徳が日本経済大学野球部コーチに就任していた

この記事をシェアする

bb-takudai-tk20150715-ogp_0

nikkansports.com

1998年夏の選手権準々決勝で行われた、あの延長17回の死闘でも知られるPL学園-横浜の試合にPL学園の1番打者として出場し、後に横浜ベイスターズにドラフト1位で入団した田中一徳が、2016年4月より福岡県・日本経済大学野球部のコーチに就任していたことが分かりました。

《新コーチ就任のお知らせ》 新コーチが就任いたしましたので、ご紹介させていただきます。 〈氏名〉 田中一徳 〈経歴〉 PL学園-横浜ベイスターズ-アメリカ独立リーグ(ヨークレボリューション) よろしくお願いいたします!


田中一徳は2014年秋に千葉県の拓大紅陵のコーチに就任し指導力にも定評がありましたが、わずか1年半で拓大紅陵を去ってしまいました。

田中一徳が新しく就任した日本経済大学は福岡県太宰府に本部のある総合大学で、東京の渋谷区、神戸市中央区にもキャンパスがあります。
野球部の監督は2014年2月より、元西武ライオンズ2軍監督の行沢久隆が務めています。

監督就任時のインタビュー

 福岡6大学野球、九州6大学野球の春季リーグが19日、福岡市のヤフオクドームで同時開幕した。 福岡6大学は、元西武2軍監督の行沢久隆新監督(60)が2月から率い...

日本経済大学野球部は福岡六大学連盟に所属しており、九州共立大学、九州産業大学、福岡工業大学、九州工業大学、福岡教育大学の5校と優勝を争っています。
リーグ優勝は平成18年春の1回のみです。

行沢久隆監督は田中一徳のPL学園の先輩にあたり、この縁で田中一徳がコーチに就任したものと思われます。

日本経済大学が田中一徳コーチの加入により2度目のリーグ優勝なるか、今後の動向に注目です。